沿革

1918年~1959年
1918年 5月 宮木電機製作所を創立(京都市上京区石原町)、高圧並びに特別高圧用油入遮断機、配電盤及付属機器の製作開始
1924年 10月 工場(京都市中京区星池町)新築移転
人絹工業用ブレーキスイッチ・アクガスイッチを発明工業化、
帝国人造絹糸株式会社(現 帝人株式会社)に納入する
1929年 6月 工場(京都市中京区西ノ京原町)新築移転
1934年 12月 株式会社宮木電機製作所(資本金25万円)設立 宮木男也代表取締役就任
1954年 4月 労働省産業安全研究所より工場電気設備防爆委員会第1専門委員を委嘱され「工場電気設備防爆指針」の審議に参画する
1954年 6月 資本金400万円に増資
1956年 5月 労働省産業安全研究所のご指導のもとに「交流アーク溶接機用電撃防止装置WDA-A500形」を完成、製作開始、有名各造船所に納入開始
1959年 4月 棋界に魁がけ「5段積コントロールセンタを開発」発売開始
東洋レーヨン株式会社(現 東レ株式会社)滋賀工場に納入する
1959年 4月 京都セラミック株式会社(現 京セラ株式会社)を創立し、初代代表取締役社長に宮木男也就任
1960 年~1969年
1961年 9月 「6段積コントロールセンタを開発」 味の素株式会社九州工場に納入
1962年 2月 「交流アーク溶接機用自動電撃防止装置」JIS規格原案作成委員を委嘱される
1962年 2月 「8段積コントロールセンタを開発」 倉敷レイヨン株式会社中条工場(現 株式会社クラレ中条工場)に納入
1962年 10月 棋界に魁がけ爆発等級3級の防爆形操作スイッチを開発、発売開始
1963年 10月 社団法人日本電機工業会より「コントロールセンタ」の技術専門委員を委嘱されJEM規格原案を作成し審議に参画
1964年 2月 資本金1,200万円に増資
1968年 2月 フローリレーFD形を開発 発売開始
1968年 3月 資本金1,800万円に増資
1968年 8月 交流アーク溶接機用電撃防止装置にプラグイン制御器を採用
1968年 11月 「12段積コントロールセンタ」を開発 味の素株式会社川崎工場に納入
1969年 1月 西枝一江代表取締役就任
1969年 8月 交流アーク溶接機用電撃防止装置の需要増大に伴いベルトコンベア方式による生産に入る
1970 年~1979年
1970年 6月 交流アーク溶接機用電撃防止装置・超高感度起動形Eシリーズを開発、製作開始
1972年 9月 三菱レイヨン・エンジニアリング株式会社と共同にて紫外線照射塗装硬化システム開発
1973年 12月 ごみ焼却炉用電気設備を製作 日本鋼管株式会社(現JFEエンジニアリング株式会社)に納入
1973年 12月 事務管理にコンピュータを導入
1974年 1月 コントロールセンタ・配電盤製作の専門工場を新築
1978年 1月 辻芳郎代表取締役就任
1978年 5月 資本金9,900万円に増資
1979年 9月 マイコン搭載の制御装置を開発 発売開始
1980 年~1989年
1980年 7月 交流アーク溶接機用電撃防止装置テスター「WT-11」を開発 発売開始
1981年 2月 交流アーク溶接機用電撃防止装置「Mシリーズ」開発を機に発明大賞「福田特別賞」を受賞
1983年 1月 交流アーク溶接機用電撃防止装置、省エネルギー形「Uシリーズ」を開発 発売開始
1985年 5月 本社・工場(亀岡市大井町並河)新築移転
1986年 2月 三菱レイヨン・エンジニアリング株式会社と共同にて光デスクコーティングシステムを開発
1988年 3月 防水防食形操作スイッチAS形ステンレスケースシリーズを発売開始
1988年 8月 防爆形操作スイッチES形ステンレスケースシリーズを発売開始
1988年 11月 検査棟を新設 生産工程の合理化を図る
1988年 12月 相馬明夫代表取締役就任
1990 年~1999年
1990年 9月 京都開発本部敷地に技術センター新築 技術本部新設、設計・技術部門の拡充を図る
1993年 5月 旭エンジニアリング株式会社、株式会社デジタルと共同で耐圧防爆形タッチパネルを開発
1995年 1月 葛原喜一郎代表取締役就任
1995年 2月 交流アーク溶接機用電撃防止装置WDAU-503、WDA-M303を発売開始
1995年 11月 缶シュレッダーを開発、環境関連分野に進出を図る
1997年 7月 ISO推進室を設け、ISO-9001取得に向け活動を本格化
1999年 6月 ISO-9001取得
2000 年~2009年
2000年 2月 ESNシリーズ防爆形コントロールスイッチ(IEC規格適合品1996-9改正)を発売開始
2001年 4月 サン電子工業株式会社(現 旭化成EICソリューションズ株式会社)と共同で超音波式タッチパネル(内圧防爆構造)を開発、発売開始
2002年 12月 サン電子工業株式会社(現旭化成EICソリューションズ株式会社)と共同で超音波式タッチパネル(耐圧防爆構造)を開発、発売開始
2003年 1月 ESDシリーズ耐圧防爆形表示器を開発、発売開始
2003年 1月 小田明代表取締役就任
2003年 2月 大阪営業所廃止(大阪堂島)、京都営業所と統合 西部営業所(京都市中京区)として営業開始
2003年 3月 営業本部・技術センターを本社に統合、業務の合理化を図る
2003年 7月 防爆形通信コンセント オランダ(KEMA)検定取得
2003年 11月 東京ビッグサイト システムコントロールフェアに 防爆形タッチパネル、防爆形Webカメラ出展
2004年 4月 JEM1195-2000年度版対応コントロールセンタ開発
マルチリレー搭載形、OLR搭載形2機種同時発売開始
2004年 4月 サン電子工業株式会社(現 旭化成EICソリューションズ株式会社)と共同で防爆形キーボード・マウスを開発 発売開始
2004年 9月 サン電子工業株式会社(現 旭化成EICソリューションズ株式会社)と共同で防爆形タッチモノタ(17インチ)を開発 販売開始
2005年 4月 危険エリアでの無線ネットワークに取組、防爆形アクセスポイントを開発 発売開始
2006年 5月 防爆形スイッチングハブ を開発 発売開始
2007年 1月 防爆形タッチパネル EXGP-2500  中国検定取得
2007年 4月 防爆形タッチパネル 中国北京展示会へ出展
2007年 6月 防爆形Webカメラを 発売開始
2007年 8月 電子帳票システム導入 業務の合理化を図る
2007年 10月 第2技術部特機課を京都市中京区(西部営業所所在地)に移転
2007年 10月 遠距離用防爆形アクセスポイント を発売開始
2007年 11月 東京ビッグサイト システムコントロールフェアに 防爆形タッチパネル、防爆形タッチモニタ、防爆形Webカメラ、防爆形アクセスポイントを出展
2008年 4月 河原 耕嗣 代表取締役就任
2008年 5月 1918年(大正7年)の創業以来、90周年を迎えた
2008年 8月 上海国際防爆電気技術設備展示会 出展
2008年 9月 耐圧防爆形ドームWebカメラ NWEX-CM1販売開始
2008年 10月 VISION JAPAN 2008 出展
2009年 5月 2009電設工業展 出展
2010 年~
20010年 9月 耐圧防爆形ドームWebカメラ NWEX-CM2 販売開始
2012年 5月 JECA FAIR 2012 第60回電設工業展 出展
2012年 10月 防爆形監視カメラ NWEX-CM500 販売開始
2013年 5月 2013電設工業展 出展
2013年 5月 耐圧防爆形ドームWebカメラ NWEX-CM3CPS 販売開始
2014年 4月 防爆形監視カメラ NWEX-CM500H 販売開始
2014年 8月 JFEエンジニアリング株式会社との共同開発で国内初となるタブレット「LANEX-Tablet/m」を販売
2015年 3月 耐圧防爆形ドームWebカメラ NWEX-CM3H 販売開始
2015年 4月 耐圧防爆形ドームWebカメラ NWEX-CM4H 販売開始
2015年 6月 Mfair バンコク2015ものづくり商談会 参加
2016年 2月 JFEエンジニアリング株式会社との共同開発で防爆スマートフォン「LANEX®-Phone」を販売