品質保証の基本方針

経営の基本方針に基づき、品質保証の基本方針を制定する。

1)顧客に信頼される品質の提供
すべての品質は顧客のためであり、“品質第一”を前提に社会と環境との調和を 図りながら、顧客のニーズに適合する品質を提供する。
2)全員参加による品質保証活動
すべての部門においてすべての人が、それぞれ“自分の持ち場”における 品質を保証する。
3)現状を打破し、常に品質の向上を考える。
現状に甘んじることなく常に“より良く”を考えて、品質の向上に努める。
4)ISO9001 品質マネジメントシステムの確立
信頼される品質を提供するため、“ISO 品質マネジメントシステム”の維持・向上に努める。